みなとみらいに新キャンパス!?

昨日ブログ担当者の家で取っている朝日新聞朝刊・横浜版などの記事を見かけたもの。(協力:神大観察)

大学と横浜市は、西区みなとみらい4丁目(みなとみらい21中央地区43街区)に新たなキャンパスを開設する記者発表が12日にありました。

グローバル研究系学部をこちらに集約あるいは新設する予定であり、現時点ではSHCの経営学部と横浜の外国語学部をこちらに移すことを検討している模様です。
さらにSHCの教育機能を新キャンパス並びに六角橋に移す検討もあります。

場所はみなとみらい大通りに面しており、建物は地上21階・地下1階のビルを建設する予定です。
1~3階には図書館や多目的ホールが入り、4~21階は講義室や研究室が入る予定です。
開設は2021年4月を見込んでいます。

兼子学長は「横浜から日本を世界に発信する、新たな国際系の学部を構想している」と話していました。

今後宮陵会広報誌やホームカミングデーなどでのパネル展示などでこの新キャンパスの事が取り上げられるものと思われます。
89年に湘南ひらつかキャンパスを開設して以来、先の話とはいえ新たなキャンパスの誕生に目が離せないと感じました。

大学公式発表:「みなとみらいキャンパス(仮称)に関する記者発表が行われました

磯子区宮陵会研修会兼懇親会レポート

2017年3月5日(日)、JR根岸線新杉田駅前1階にある居酒屋「すっとこどっこい」にて、通常の定例会を研修会・懇親会という名目で臨時に開かれた会合があり、ブログ担当者も参加していました。

今回は講師として、横浜市会議員の関勝則様にお越しいただき、次の公演を行いました。

演目:「横浜市の高齢者施策の現状と今後の予定」

主に今年度予算と今後重要なファクターになるであろう「地域包括ケアシステム」を中心にお話ししていました。
2025年までに高齢者が住み慣れた地域で介護や医療・生活支援サポート及びサービスを受けられるよう市区町村が中心となり、住まい・医療・介護・生活支援・介護予防を包括的に行う体制を作ることが義務付けられています。

そのほか、地域ケアプラザの紹介や救急相談センターの案内などもして、都合30分ほどの講演となりました。



上写真:講演で説明をしている関様

講演会後は懇親会として、講演に関する質疑応答があったり、その他にも様々な世間話などがあったりと、凡そ2時間歓談しておりました。

最後に、今後もこういった講演会が継続的に行えればと思います。

※関様の写真掲載了承済み

磯子区宮陵会懇親会

例年、年度末に行う懇親会を今年も開催します。

・日程:2017年3月5日
・時間:17:00~
・場所:新杉田駅「すっとこどっこい」
・会費:3000~4000円予定

参加希望者は事務局または会長あてにご連絡ください。
※本ブログをご覧になって参加したいが連絡先が上ではわからない場合はこちらにメールをお送りください。
到着を確認し次第ブログ担当者が転送します。

磯子区宮陵会総会2017

投稿が遅くなりましたが、今月29日(日)に磯子区宮陵会総会が開かれます。

例年通り、前半は総会として、来賓あいさつ・活動報告・活動計画などを行います。
後半の講演会ですが、今年は次を予定しております。

・「第4次産業革命」講師:長田實(磯子区宮陵会相談役)

総会終了後、会場を磯子駅前サイゼリヤに移しての懇親会を行います。

会員の皆様のご参加お待ちしております。

【概要】
日時:1月29日(日)、14:00開始(開場は13:30)
場所:横浜市社会教育コーナー(磯子三丁目団地1階、磯子駅から徒歩4分、詳細は添付の地図参照)
費用:年会費1,000円、当日会費2,000円

箱根駅伝応援活動写真

箱根駅伝で見事12年ぶりにシード権を獲得した神奈川大学ですが、正月2日の往路、戸部駅付近での応援活動で撮った写真を頂きましたのでアップします。(一部加工しています)

第93階箱根駅伝往路2区をトップで走る鈴木健吾選手
1枚目:往路2区をトップで走る鈴木健吾選手


2枚目:応援活動終了後集まった会員等の記念写真

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

神奈川大学磯子区宮陵会

Author:神奈川大学磯子区宮陵会
神奈川大学を卒業し、横浜市磯子区に在住・在勤の方々を中心に集まる組織です。

卒業生のみならず、現役生にも向けて情報を発信しますので、よろしくお願いします。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR